プロフィール

ty疾風

Author:ty疾風
スイッチアサシンとしてオーラを超え現在agiカンストスイッチアサクロを目指し仲間たちとギルド『天駆疾走』にて奮闘中。
いちぉマスターやってたりする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スイッチアサシン達に幸あれ!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

空海風土
ROバル鯖で活動中のスイッチアサシンの奮闘記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人育成
5月に入り研修も終わった大卒生だちが配属されてきた。
当然今後は俺や同僚たちが仕事を教えてゆくことになる。

「一人前に仕事をこなせるように人を育てる」

昭和な時代なら「おらー!まだやってんのかー」などと無駄に罵声をあびせながら行われるのが
多かった現場作業だが、俺はそういった「本人依存」な育て方は昔から疑問だった。

怒鳴られた方がどうとるか。

現場での 叱る と 怒る。
この二つには俺的には決定的な違いがある。

叱る。やっちゃ駄目なことを教えること。
怒る。自分の感情まかせに怒鳴ること。

教える事を通じ育てる事をするべき人間が自分の感情を優先するなんてナンセンスだ。

怒鳴るだけでは怒鳴られた本人のとりかた次第なのである。
しかも大卒生達は仕事の内容も流れもわかってないのだ。
一部の人間は「がんばれる」かもしれないが
またその裏で一部の人間は萎縮し怒鳴られるのが怖くて質問もできなくなり、
何もしなくなり、
怒られないように仲間の後ろをついてゆくだけになってゆくだろう。

そんな不安定な事を 育てる などと呼べるであろうか。

ゼロから物事を丹念に教えてゆく。

俺なんぞより頭の良いはずの彼ら。
きっと俺よりも仕事をできるようになってゆくに違いないと思う。

俺は「人を育てる」そこをずっと考える人間でありつづけたい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tyhayakaze.blog48.fc2.com/tb.php/57-618fae41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/11/23 05:27】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。